トップページ» 近世絵画2» 渡辺清、千種有功

B-051 渡辺清、千種有功
Watanabe Kiyoshi,Chigusa Arikoto

渡辺清 千種有功1
渡辺清 千種有功2
渡辺清 千種有功4
渡辺清 千種有功5
渡辺清 千種有功6
渡辺清 千種有功7渡辺清 千種有功8渡辺清 千種有功8
作家名
B-051 渡辺清、千種有功
わたなべ きよし、つぐさ ありこと
作品名
初秋月図
価格
65,000円
作品詳細
掛け軸 絹本水墨 極め箱 二重箱入り
作品寸法33.3x98.3p
全体寸法40.6x184.7p
作家略歴

渡辺清
安永7年(1778)〜文久元年(1861)

縫箔を生業とする利平の子として名古屋本町に生まれる。通称、太助、別号に周渓、雪朝斎など。はじめ狩野派の画家、吉川英信・義信に学ぶが、のち京都に出て、田中訥言、土佐光貞に大和絵を学ぶ。名古屋にもどり大和絵一派を築く。

千種有功
寛政9年(1797)〜安政元年(1854)

歌人・公卿。本姓は源、号は千千廼舎(チヂノヤ)。
堂上家に生まれ、正三位左近衛権中将。香川景樹らと交わり、二条派を脱した歌風を詠む。歌集は『千千廼舎集』・『日枝の百枝』・『ふるかがみ』など。

コンディション他

《くる秋の いろめずらしき ゆう月に くももこころや かかりよすらん》

本紙にヨゴレ、薄すシミが全体にありますが、十分鑑賞に堪えうると思います。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み