美濃派四世  田中五竹坊  水鶏の句    

獅子門美濃派俳句資料館 田中五竹坊
(訳) 
風雅の因々の心多きに
馴て 四時の音信もけに有
ながら 卯の花月の頃は
たづねはぐれ待るを これもし
兼ねての約にまかせ黄岡亭にまかりけるが
故翁の佐屋泊りと興ぜられし
そのつとを幸にと
起こされて見ばや暁の水鶏にも
帰童仙