森 芳雄
少女
森 芳雄

明治41年(1908)、東京麻布に生まれる。大正12年(1923)、白滝幾の之助のもとで木炭デッサンの手ほどきを受ける。大正15年(1926)、慶応義塾普通部過程終了。東京美術学校を受験して失敗、本郷絵画研究所に通う。昭和3年(1928)、佐伯祐三、前田寛治らが創設した1930年協会洋画研究所に入所、中山巍の指導を受ける。昭和4年(1929)、1930年協会洋画展に『冬の郊外風景』を出品し入選。昭和6年(1931)、独立美術協会初入選。同年渡仏。昭和7年(1932)、サロン・ドートンヌに出品し入選。昭和9年(1934)、帰国。昭和11年(1936)、独立展に出品し海南賞を受賞。翌年、独立美術会会友に推薦される。昭和14年(1939)、独立美術会を脱会し、自由美術展に出品、同会員に推薦される。昭和18年(1943)、戦争は激化し、絵画生活は困難となる。東宝撮影所特殊映画部に勤務。昭和20年(1945)、爆撃により戦前の作品の殆ど全部を失う。昭和22年(1947)、日本アンデパンダン展に出品。昭和26年(1951)、サンパウロ・ビエンナーレ展に出品。昭和37年(1962)、武蔵野美術大学教授に就任、その年渡欧。昭和39年(1964)、自由美術家協会を脱退し、主体美術協会結成に参加、同会員になる。昭和47年(1972)、東京藝術大学の非常勤講師となる。昭和50年(1975)、「早春」が宮内庁買上。(英国王室へ贈進)平成9年(1997)、東京にて死去。享年89歳。







モダンって何?