仙石廬元坊  桃節 和詩  美濃派三十六世 川井一白箱
(訳)
三千の宮 女ども 桃の日の名に遊ぶ 酔ふて狂ふ 桃の媚 さめては恥じる月眉 
赤飯の色に免でて あさつきの香に忍ぶ 花がもし 物いはば 男雛にかこ川らん 
汐干 廬元 
踏みならふ汐干の泥やみやこ鳥
長良川画廊 獅子門美濃派俳句資料館 仙石廬元坊