(さんちょうず)

美濃派の正式俳諧での興行(立机式、芭蕉忌、支考忌など)で床飾りに用いられる。獅子門美濃派道統の正式俳諧では、支考自筆のが使われる。支考は約三十幅のを残したといわれ、各地域の美濃派の立机式(宗匠としての披露の式)などに贈られた。

とは「うつむく」という意味で、円窓内の三人物は、中央に老荘の徒、向かって右に儒生、左は佛者で、それぞれが支考の分身といわれ、老荘思想に似た支考の俳諧道(智、仁、勇の三徳)に儒と佛が伏し、支考の俳諧道を象徴する図といわれる。
獅子門美濃派俳句資料館 棚橋碌々翁
(訳)
あふむくも うつむくもさびし ゆりの花  獅子老人
碌々◯◯言 


美濃派以哉派十六世  棚橋碌々翁