K-139 豪潮寛海
Goucyou Kankai

 豪潮寛海 1
 豪潮寛海 2
 豪潮寛海 3
 豪潮寛海 4
作家名
K-139 豪潮寛海 ごうちょう かんかい
作品名
光明真言
価格
180,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 絹本水墨 緞子裂 合箱
本紙寸法64.2×40
全体寸法79.4(胴幅)×141 ㎝
作家略歴

豪潮寛海
寛延2年(1749年) ~天保6年(1835)

肥後国玉名郡(熊本県玉名市岱明町山下)に生まれる。密号は遍照金剛。字、快潮、のち豪潮と改める。父は、浄土真宗安養寺塔頭専光寺第二世貫道。宝暦5年(1755)、天台宗霊験寺の豪旭阿闍梨のもとで修行を始める。明和元年(1764年)、比叡山に登り、南渓吉祥院実栄籠山比丘、正覚院執行探題豪怒大僧に師事。明和5年(1768)、大阿闍梨。曼荼羅供導師(穴太流)の印可を授かる。安永5年(1776年)、寿福寺(熊本県玉名市)の住職となる。文化14年(1818)、尾張藩主徳川斉朝に招かれる。文政元年(1818)、萬松寺(名古屋)に仏塔を建立。文政6年(1823)、長栄寺(名古屋)を建立。顕密二教の蘊奥(うんのう)を極め、江戸時代の『戒律復興運動』に貢献。生涯を通じ、大小あわせて約八万四千の仏塔(宝篋印塔)を建立したと伝えられる。

コンディション他

光明真言について(ウィキペディア)

本紙に若干ヨゴレ、シミあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

このページのTOPへ