トップページ» 近世絵画2» 土井聱牙

B-089 土井聱牙
Doi Gouga

土井聱牙 1
土井聱牙 2土井聱牙 3
土井聱牙 4
土井聱牙 5
土井聱牙 6
土井聱牙 7土井聱牙 8
作家名
B-089 土井聱牙 どい ごうが
作品名
墨竹と三行書 双幅
価格
28,000円
作品詳細
掛け軸 銀箋紙水墨 緞子裂 合箱 緞子裂
作品寸法35.4×129.8p
全体寸法60.2×193p
作家略歴

土井聱牙
文化14年(1812)〜明治13年(1880)

津藩儒医土井篤敬の次男として生まれる。名、有恪。字、士恭。通称、幾之輔。別号、松径。兄の没後12歳で家禄190石をつぐ。藩儒川村竹坡、斎藤拙堂に学び、藩校有造館助教、講官となり、弘化2年「資治通鑑」校訂(有造館版資治通鑑)をおこなう。明治2年、督学となる。経学は清朝考証学を好み、歴史地理にも通じる。紀州高野山、僧大鵬の描いた墨竹巻物を研究、詩文、書画も長じた。

コンディション他

本紙に折れがありますが、これは、このままご鑑賞ください。 直さずとも、十分鑑賞できます。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み