B-214 三熊思孝(花顛)
Mikuma Shikou (katen)

 三熊思孝(花顛) 1
 三熊思孝(花顛) 2
 三熊思孝(花顛) 3
 三熊思孝(花顛) 4
 三熊思孝(花顛) 5
 三熊思孝(花顛) 6
作家名
B-214 三熊思孝(花顛) みくま しこう(かてん)
作品名
桜図
価格
650,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 絹本彩色 緞子裂 象牙軸 合箱
  本紙寸法35 ×105.3
全体寸法47.1(胴幅)×193.5㎝
作家略歴

三熊思孝
享保15年(1730)~寛政6年(1749)

京都に生まれる(一説には加賀生まれ)。長崎の画家大友月湖に学ぶ。伴高蹊著『近世畸人伝』の挿絵を描き、また『続近世畸人伝』を著す。自らは花顛と称し、後に続く妹の三熊露香、弟子の広瀬花隠、露香の弟子の織田瑟々、瑟々の息子の貞逸ら、もっぱら桜画を描く、桜派、桜狂の流派(三熊派)を形成し、その始祖といわれる。

コンディション他

美品です。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ