D-469 三代目花柳寿美 三代目市川左團次
Hanayagi Sumi / Ichikawa Sadanji

 三代目花柳寿美 三代目市川左團次 1
 三代目花柳寿美 三代目市川左團次 2
 三代目花柳寿美 三代目市川左團次 3 三代目花柳寿美 三代目市川左團次 4
作家名
D-469 三代目花柳寿美 三代目市川左團次はなやぎ すみ、いちかわ さだんじ
作品名
隈取
価格
御買上げ頂きました
作品詳細
掛け軸 紙本着色 緞子裂 合箱
  本紙寸法71.5×70
全体寸法(胴幅)90.5×200㎝
作家略歴

三代目花柳寿美
昭和16年(1941)~

舞踊家。東京に生まれる。本名、大橋 萬寿子。祖母、初代花柳寿美、母、二代目花柳寿美(宗岳)。昭和21年(1946)、六代目尾上菊五郎の部屋子となり、尾上菊花の名を許され初舞台。昭和33年(1958)、三代目花柳寿美を襲名。平成18年(2006)より、東京藝術大学音楽学部邦楽科の准教授を務める。

三代目市川左團次
明治31年(1898)~昭和44年(1969)

歌舞伎役者。本名、荒川清。日本橋浜町の料亭の子に生まれる。後に六代目市川門之助の養子となり、父の師である九代目市川團十郎の門人となる。明治35年(1902)、歌舞伎座で四代目市川男寅の名で初舞台。昭和27年(1952)、三代目市川左團次を襲名。昭和39年(1964)、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。昭和40年(1965)、文化功労者。

コンディション他

美品です。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ