獅子門美濃派俳句資料館 国枝静夜
(訳)
水中に雪の鞠を投せしを見て  流る雪見る間に丸ミ消えるかな 七十三齢 知常庵


美濃派以哉派二十六世  国枝静夜  「廻文」