■武田由平特集
武田由平
1892(明治25年)、大野郡灘村(高山市冬頭町)に生まれる。1914(大正3年)、岐阜県師範学校を卒業後教職につく。山本鼎の農民美術研究所を訪ねたことを契機に、飛騨にて教育版画に取り組む。1929(昭和4年)、大分師範学校教授で岐阜出身の版画家武藤寛一の招きにより大分県立中津中学校に転任。1936(昭和11年)日本版画協会会員となる。1959(昭和34年)、棟方志功、永瀬義郎らと共に日本版画会を設立する。白日会会員。中津市民栄誉賞。1989(平成元年)、中津市にて没。
  作品名: 耶馬溪洞門
作品寸法: 30.5×40
額寸法57.4×48.6
 お買い上げ頂きました

  作品名: 天仲寺山夕暮
作品寸法: 26.6×20.5
 お買い上げ頂きました
作品名: 無花果と小禽 
作品寸法: 54×46.5
作品名: 中津風景
作品寸法: 26.5×24
作品名: クレマチス
作品寸法: 23.5×26.5
作品名: 花
作品寸法: 23.5×26.5
 お買い上げ頂きました
作品名: 花
作品寸法: 23.5×31
価格: 55.000円
作品名: 葉
作品寸法: 23.5×26.5
価格: 55.000円