短冊の小径

003 近衛忠煕

お買い上げ頂きました

久方の雲井の月は明らけき

御代のかがみと千代かけてみん

近衛忠煕 このえ ただひろ

1808年(文化5)~ 1898年(明治31)

幕末維新期の公卿。合は翠山。父は近衛基前、母は徳川宗睦の娘、琴姫。近衛忠房の父。政治的に薩摩藩と緊密な関係があった。1857年(安政4)左大臣となるが,関白九条尚忠と対立。「戊午の密勅」降下を推進した。安政の大獄(1858~59)によって辞官するも恩赦され、関白、内覧となる。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊