短冊の小径

025 中院通為

簷新樹

お買い上げいただきました

花散て軒もる月の光さえ

しける木のまの心さしと

中院通為 なかのいん みちため

1517年(永正14)~1565年(永禄8)

戦国時代の公卿。初名は通右。本名通右、通量。号は西慈院。 父は中院通胤。母は姉小路済継女。1556年(弘治2)、正二位 権大納言。1558年(永禄 元)、近臣。

コンディションなど

紙本
全体に薄ヨゴレ

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊