短冊の小径

027 上田秋成

あまの河~

お買い上げ頂きました

あまの河舟こぐ棹のさはれしや

月のかつらの花散みたる

上田秋成 うえだ あきなり

1734年(享保19)~1809年(文化6)

江戸時代後期の読本作者、歌人、茶人、国学者、俳人、小説家。俳号は、漁焉。別号に、無腸、三余斎、余斎、鶉翁、鶉居。戯号は和訳太郎、剪枝畸人、洛外半狂人など。 4才のとき紙油商嶋屋、上田茂助の養子となる。仙次郎と呼ばれた。疱瘡に罹り、手の指が不自由になった。38歳の頃より医学を学び、後に医者になる。 「雨月物語」の作者として知られる。

コンディションなど

紙本

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊