短冊の小径

088 元政上人

旅行

お買い上げ頂きました

たひのそらなにかわひしきよをすてて

いくにし身には故郷もなし

元政上人 げんせいしょうにん

1623年(元和9)~1668年(寛文8)

京都に生まれ。毛利輝元の家臣であった石井宗好の子。諱は日政、通称は元政上人、草山和尚など。十三歳で井伊家に出仕するが、二十六歳で出家し日蓮宗妙顕寺に入る。洛南深草に隠棲し、のち同地に瑞光寺を開いた。幼いころには松永貞徳から和歌や歌道を学ぶ。自ら歌会を催し、望月長孝・加藤磐斎ら多くの歌人と交流した。また、漢詩人としても名高く、数多くの文学作品を世に送り出し、寛永文化の隆盛に大きく寄与した。著に、紀行文「身延道の記」、歌集「草山和歌集」、詩集「草山集」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊