平田玉蘊 Hirata Gyokuun(Hirata Gyokuunu)

天明7年(1718)〜安政2年(1825)

備後尾道(広島県尾道)に生まれる。名、豊子、のちに章。池大雅の門人福原五岳、のちに四条派の八田古秀に学ぶ。伊藤若冲や南蘋派の影響も受け、江戸時代後期を代表する女流画家として異彩を放つ。頼春風に詩歌を学び、菅茶山、頼山陽、田能村竹田などの文人と交わった。

平田玉蘊 松上鶴図
松上鶴図

画像をクリックしてください