荒木十畝 Araki Jippo

明治5年(1872)〜昭和19年(1944)

長崎県大村に生まれる。旧姓、朝永。名、悌二郎。明治25年、上京し、野村素介の紹介で荒木寛畝に入門。画才が認められ、寛畝の娘、鈴と結婚して荒木家を継ぎ、寛畝から十畝の号を授かる。明治32年、全国絵画共進会で「蘆鴨図」3等銅牌。明治36年、東京女子高等師範学校教授となり大正8年まで務める。明治37年、セントルイス万国博覧会で銀牌。明治41年より 文展審査員。明治43年、ロンドンで開催の日英博覧会で「初夏」金牌受賞。大正9年より帝展審査員。昭和13年、帝国美術院会員。代表作に「雨後」「深山の秋」「寂光」など。

荒木十畝 山県公歌
山県公歌
荒木十畝 富士山
富士山

画像をクリックしてください