高浜虚子 Takahama Kyoshi

明治7年(1874)〜昭和34年(1959)

松山藩士池内庄四郎政忠の四男として愛媛県松山市に生まれる。9歳の時祖母の実家高浜家を継ぐ。明治21年、伊予尋常中学校に入学、1歳年上の河東碧梧桐を介して正岡子規を知り、子規に師事し、俳句を志す。上京後、子規の始めた俳誌「ホトトギス」を引き継ぐ。子規の没後,碧梧桐の「新傾向」に反対し、伝統俳句の立場に立ち、「客観写生」「花鳥諷詠」の理念のもと、子規のおこした近代俳句を完成させた。昭和29年、文化勲章受章。

高浜虚子 句幅(石ころも〜)
句幅(石ころも〜)
高浜虚子 白牡丹
白牡丹
高浜虚子 猫画賛
猫画賛

画像をクリックしてください