棟方志功 Munakata Shiko(Munakata Shikou)

明治36年(1903)〜昭和50年(1975)

青森に刀鍛冶職人、棟方幸吉とさだの三男として生まれる。大正13年、「わだば、ゴッホになる」と画家を目指し上京、靴直しや納豆売りなどをしながら絵を学ぶ。大正15年、国画創作協会展で川上澄生の版画「初夏の風」を見て感銘を受け、昭和3年、第9回帝展に「雑園」(油絵)が入選するが、徐々に版画家へと歩み出す。昭和11年、国画会に「大和し美し」(版画巻)を出品、日本民芸館に買上げられ、柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司氏らの知遇を受ける。昭和27年、スイスのルガーノで開かれた第2回国際版画展で優秀賞を受賞。同30年、サンパウロ・ビエンナーレに「釈迦十大弟子」などを出品し、版画部門の最高賞を受賞。翌31年、ベニス・ビエンナーレに「柳緑花紅頌」などを出品し、国際版画大賞を受賞。世界的版画家としての地位を築く。昭和45年、文化勲章。

棟方志功 雲在嶺頭不徹
雲在嶺頭不徹
棟方志功 桑山入日図(肉筆)
桑山入日図(肉筆)
棟方志功 焼き物画賛
焼き物画賛
棟方志功 棟・志
棟・志
棟方志功 昭和四十年立春
昭和四十年立春
棟方志功 白肌駆妃の柵
白肌駆妃の柵
棟方志功 越中二上山清風景図
越中二上山清風景図
棟方志功 パリ ノートルダム 素描
パリ ノートルダム 素描
棟方志功 春暁の柵
春暁の柵
棟方志功 祖師(日蓮聖人)大言の柵
祖師(日蓮聖人)大言の柵
棟方志功 心偈 魚ハ游ゲド水ニ跡ナキ
心偈 魚ハ游ゲド水ニ跡ナキ
棟方志功 虎図
虎図

画像をクリックしてください