芥川龍之介 Akutagawa Ryunosuke

明治25年(1892)〜昭和2年(1927)

東京市京橋区入船町(中央区明石町)に生まれる。東京帝大英文科卒。在学中から創作を始め、短編「鼻」が夏目漱石の激賞を受ける。卒業後、海軍機関学校の嘱託教官として英語を教える傍ら、「芋粥」、「奉教人の死」、第一短編集「羅生門」、童話「杜子春」などを次々に発表。一躍文壇の寵児となる。大正8年(1919)、海軍機関学校を辞職、大阪毎日新聞社社員として文筆活動に専念。大正14年(1925)頃より体調がすぐれず、「何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である」と遺稿に記し、薬物自殺する。

芥川龍之介 句幅(小島政二郎宛未発表書簡)
句幅(小島政二郎宛未発表書簡)

画像をクリックしてください