山本梅逸/近世絵画 2/掛け軸、絵画の買取 販売 鑑定/長良川画廊

トップページ
近世絵画 2
B-237 山本梅逸

B-237 山本梅逸
Yamamoto Baiitsu

 山本梅逸 1
 山本梅逸 2
 山本梅逸 3
 山本梅逸 4
 山本梅逸 5 山本梅逸 6
 山本梅逸 7
 山本梅逸 8
 山本梅逸 9
 山本梅逸 10
作家名
B-237 山本梅逸 やまもと ばいいつ
作品名
松鶴図
価格
120,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 象牙軸 合箱
  本紙寸法41.8×120.3
全体寸法(胴幅)54.4×207㎝
作家略歴

山本梅逸
WEB書画ミュージアム 山本梅逸のページへ

コンディション他

【賛文】
月正升時露正生
酒初酣處句初成
高吟莫近長松下
梢上恐令鶴夢驚

丁亥冬日録舊作併写

山亮

【訓読文】
月正に升らんとする時露正に生ず
酒初めて酣なる處、句初めて成る
高吟近づく莫れ長松の下
梢上鶴夢を驚か令めんことを恐る
丁亥の冬日、旧作を録し併せて写す

【現代語訳】
月が山之端にかかろうとする時夜露も生じ
酒宴もたけなわとなって句も生まれる
句を吟ずるのもいいが、そこの高い松に近づいてはならぬ
梢で眠る鶴を驚かせてはいけないから

丁亥(文政10年)の冬、梅逸45歳の作品。

本紙、僅かに小折れあり。