末次信正/新規掲載品/掛け軸、絵画の買取 販売 鑑定/長良川画廊

トップページ
新規掲載品
D-671 末次信正

D-671 末次信正Suetsugu Nobumasa

 末次信正 1
 末次信正 2
 末次信正 3 末次信正 4
作家名
D-671 末次信正すえつぐ のぶまさ
作品名
雄飛五大洲
価格
御買上げ頂きました
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 合箱
本紙寸法33.6x138
全体寸法(胴幅)46.3x224㎝
作家略歴

末次信正
明治13年(1880)~昭和19年(1944)

旧徳山藩士末次操九郎の次男。7歳頃まで広島で育つ。広島一中から海軍兵学校に進み、日露戦争出征後、海軍最高学府である海軍大学校甲種学生を首席で卒業する。昭和3年(1928)、軍令部次長となり、加藤寛治軍令部長とともにロンドン海軍軍縮条約に強硬に反対し補助艦対米7割を主張した。昭和8年(1933)、連合艦隊司令長官。昭和9年(1934)、海軍大将。昭和12年(1937)、予備役となり、第1次近衛文麿内閣内相、大政翼賛会中央協力会議議長などを歴任した。

コンディション他

美品です。