中村蘭台(初世)/新規掲載品/掛け軸、絵画の買取 販売 鑑定/長良川画廊

トップページ
書 家
H-122 中村蘭台(初世)

H-122 中村蘭台(初世)Nakamura Rantai

 中村蘭台(初世) 1
 中村蘭台(初世) 2
 中村蘭台(初世) 3  中村蘭台(初世) 4 中村蘭台(初世) 5 中村蘭台(初世) 6
作家名
H-122 中村蘭台(初世)なかむら らんたい
作品名
香筒
価格
280,000円(税込)
作品詳細
堆朱 合箱
長さ38×径2.3
作家略歴

中村蘭台
安政3年(1856)~ 大正4年(1915)

陸奥国若松(福島県会津若松市)に生まれる。諱は蘇香、字は伯表、通称に稲吉、別号に香艸居主人など。本姓は須藤氏。父は会津藩士であったが、勤王思想をもったことで藩主の怒りに触れ自刃。残された母は3人の男子を連れて江戸に出る。三男の蘭台は浅草の船問屋に養子に出され中村姓となる。はじめ篆刻を高田緑雲に学んだのち、文彭、何震の刻法を学び秦漢の印を研究。37歳の頃、徐三庚の作品に衝撃を受け、以後はその作風に傾倒した。印材に木材を用いることを研究し、精巧な技術を開発した。明治40年(1907)、河井?廬、浜村蔵六、岡本椿所、山田寒山らと丁未印社を創立し篆刻の発展に尽した。

コンディション他

《性操心粗者 一事無成 心和氣平者 百幅自集》(菜根譚)
性操に心粗なる者は、一事も成ることなし。心和し気平らかなる者は、百幅おのずから集まる。
《甲辰嘉平月中澣蘭台作》
甲辰(明治37年)嘉平(12月)月中澣(中旬)蘭台作