F-239 秋山庄太郎
Akiyama Shotaro

 秋山庄太郎 1
 秋山庄太郎 2
 秋山庄太郎 2
作家名
F-239 秋山庄太郎 あきやま しょうたろう
作品名
裸婦モニー(1960年)
価格
35,000円(税込)
作品詳細
額装 写真
  作品寸法2.4 ×3.7
額寸法15×19.4㎝
作家略歴

秋山庄太郎
大正9年(1920)~平成15年(2003)

東京市神田区(現在の東京都千代田区神田)に生まれる。早稲田大学商学部卒業。昭和21年(1946)、銀座に稲村隆正らと写真館「秋山写真工房」を開設。翌22年同工房を解散し、林忠彦の推薦で近代映画社写真部に入社。また林忠彦、石津良介らと写真集団「銀龍社」を結成する。昭和25年(1950)、日本写真家協会の創立会員となる。昭和26年(1951)、近代映画社を退社し独立しフリーカメラマンとなる。昭和28年(1953)、林忠彦、早田雄二、大竹省二らと二科会写真部の創立に参加。その頃、週刊誌の表紙写真やグラビア連載を担当し写真家としての地位を確立した。日本広告写真家協会会長、日本写真芸術専門学校校長など歴任。主な作品集に『花・女』『薔薇』『作家の風貌』『花舞台』『昭和の美女』など。

コンディション他

  

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ