浦上春琴 頼山陽/近世絵画1/掛け軸、絵画の買取 販売 鑑定/長良川画廊

トップページ
近世絵画1
B-245 浦上春琴 頼山陽

B-245 浦上春琴 頼山陽
Uragami Shunkin / Rai Sanyou

 浦上春琴 頼山陽 1
 浦上春琴 頼山陽 2
 浦上春琴 頼山陽 3 浦上春琴 頼山陽 4
 浦上春琴 頼山陽 5 浦上春琴 頼山陽 6
 浦上春琴 頼山陽 7 浦上春琴 頼山陽 8
作家名
B-245 浦上春琴 頼山陽 うらがみ しゅんきん/らい さんよう
作品名
黄蜀葵
価格
180,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 象牙軸 箱
  本紙寸法29.5×132.7
全体寸法(胴幅)42.7×199㎝
作家略歴

浦上春琴
WEB書画ミュージアム 浦上春琴のページへ

頼山陽
WEB書画ミュージアム 頼山陽のページへ

コンディション他

秋陽烘染嫩金葩  秋陽烘り染める嫩金葩
澹泊袛当在道家  澹泊はただ当に道家に在るべし
毎恠陶詩不公道  毎に恠しむ陶詩の公道ならず
獨将佳色属黄花  獨り佳色を将って黄花に属するを

山陽外史題

【現代語訳】
秋の陽が咲き初めた金色の花を炙るように染めている
淡白は道家の趣き
陶淵明の詩が公平でなく
美色を黄色の花に認めるのを常にいぶかしんではいたが