B-276 吉川弘道 村瀬太乙
Yoshikawa Hiromichi / Murase Taiotsu

  吉川弘道 村瀬太乙 1
  吉川弘道 村瀬太乙 2
作家名
B-276 吉川弘道 村瀬太乙 よしかわ ひろみち/むらせ たいおつ
作品名
猛虎図
価格
85,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 絹本彩色 緞子裂 合箱
  本紙寸法63.2 ×42.5
全体寸法(胴幅)66.8×141㎝
作家略歴

吉川弘道
天保8年(1837)~大正7年(1918)

名古屋の人。父君溪に狩野派の画法を学ぶ。撒金(ふりきん)技法に長け、金撒弘道と呼称された。

村瀬太乙
WEB書画ミュージアム 村瀬太乙のページへ

コンディション他

【原文】
奇観施幕日群呼
電目斑衣争作図
猛虎一声山欲裂
君看籠養殆狸奴
虎来在去年也。文久三年癸亥春正月
太乙老人題

【訳文】
珍しい光景は幕を張って毎日群衆を呼び込む。
虎の目は電光のように、毛皮は斑で、争って画く。
猛虎がひとたび咆哮すれば山も裂けてしまう。
しかし檻の中に入れておけば狸と変わらないよ。
虎は去年やってきた。文久三年癸亥(一八六三)春正月

年紀より文久2年(1862)秋に弘道が虎の画を描き、文久3年(1863)正月に太乙が賛をしたことがわかる。

本紙、若干ヨゴレあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ