大久保利通/新規掲載品/掛け軸、絵画の買取 販売 鑑定/長良川画廊

トップページ
新規掲載品
D-673 大久保利通

D-673 大久保利通Okubo Toshimichi

 大久保利通 1
 大久保利通 2
 大久保利通 3
 大久保利通 4 大久保利通 5
作家名
D-673 大久保利通おおくぼとしみち
作品名
登二荒山詩書
価格
御買上げ頂きました
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 象牙軸 頼潔識箱
本紙寸法59.7x137
全体寸法(胴幅)78.3x201㎝
作家略歴

大久保利通
WEB書画ミュージアム 大久保利通のページへ

頼潔
安政4年(1857)~昭和4年(1929)

京都の人。頼支峰の第一子。頼山陽の孫。名、潔。字、庫三。号、龍三、華陽、子誠など。漢学者。

コンディション他

【原文】
行盡岩嶢幾數仞
人蹤斷處路難分
前山晴去後山雨
千態萬容脚底雲
  登二荒山途上偶成 甲東

【訓読】
行き尽くす 岩の嶢(たか)きこと幾数仞なるを
人蹤 断える処 路 分かち難し
前山 晴れ去って 後山 雨ふる
千態 万容 脚底の雲

【訳文】
どれほどか測りがたいほどに高くそびえる岩々を行き尽くす
人の足跡が途切れるあたりでは、どこが道でどこが道でないのか見分けがつかない
見れば前方の山では晴れ上がっているのに、後ろの山では雨が降っていて
足もとの雲は幾千幾万もの様々な姿かたちを見せている

※二荒山(ふたらさん)…栃木県北西部にある男体山(なんたいさん)の古名。山自体がご神体で、山頂には日光二荒山神社の奥宮がある。

本紙に若干小折れ、傷み。