A-1220 小川芋銭
Ogawa Usen

 小川芋銭 1
 小川芋銭 2
 小川芋銭 3 小川芋銭 4
作家名
A-1220 小川芋銭 おがわ うせん
作品名
二睡
価格
95,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 金襴緞子裂 小林巣居人並びに酒井三良識箱
  本紙寸法57.1 ×37.1
全体寸法(胴幅)66.5×134.5㎝
作家略歴

小川芋銭
WEB書画ミュージアム 小川芋銭のページへ

酒井三良
WEB書画ミュージアム 酒井三良のページへ

小林巣居人
明治30年(1897)~昭和53年(1978)

茨城県稲敷郡長戸村半田(現在の茨城県龍ケ崎市)に生まれる。本名は善。大正6年(1917)、画家を志望し、小川芋銭を訪ねる。翌年、芋銭の紹介で上京し平福百穂に師事する。大正8年(1919)、百穂から「巣居」、芋銭から「枝上人」の号をもらう。大正10年(1921)、第2回中央美術社展に初入選、中央美術社賞を受賞。昭和3年(1928)、再興第15回院展に初入選。昭和12年(1937)、茨木衫風、保尊良朔、田中案山子、小林三季らと日本美術院を脱退し、新興美術院を結成する。昭和23年(1948)から26年まで帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)の教授を務める。小川芋銭、平福百穂を生涯の師と仰ぎ、茨城の水郷や田園の風景やそこに育まれる生き物たちを詩情豊かに描いた。

コンディション他

本紙、僅かに小折れ、裂に僅かにヨゴレあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ