福沢諭吉/新規掲載品/掛け軸、絵画の買取 販売 鑑定/長良川画廊

トップページ
新規掲載品
D-678 福沢諭吉

D-678 福沢諭吉Fukuzawa Yukichi

 福沢諭吉 1
 福沢諭吉 2
 福沢諭吉 3 福沢諭吉 4
 福沢諭吉 5 福沢諭吉 6
作家名
D-678 福沢諭吉ふくざわゆきち
作品名
詩書 交人如乗馬
価格
350,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 矢田績識箱
本紙寸法34x145.2
全体寸法(胴幅)47.7x196㎝
作家略歴

福沢諭吉
WEB書画ミュージアム 福沢諭吉のページへ

矢田績
万延元年(1860)~昭和15年(1940)

紀州和歌山の医業を営む谷井家の次男として生まれる。18 歳で紀伊新宮藩の藩老矢田家の養子となる。明治13年(1880)、慶応義塾に進んで福沢諭吉門下となり、卒業後、時事新報に入社。明治17年(1884)、神戸又新日報に主筆となる。同紙に掲載された「勧業課長論」により、当時の兵庫県令内海忠勝に取り立てられ、同県勧業課長に転身。山陽鉄道運輸課長、三井銀行秘書課長、三井銀行深川支店長、同京都支店長、同横浜支店長、同名古屋支店長を歴任。大正14年(1925)、財団法人名古屋公衆図書館を開設に尽力する。

コンディション他

《交人如乗馬 御法在吾存 得失素無定 是非何足論》
人に交わるは馬に乗るが如し 御するのは法は吾に在つて存す 得失は素より定めなし
是非何ぞ論ずるに足らん

本紙、裂とも小折れ、小シミあり。