江馬細香
墨竹図
江馬細香

天明7年(1787)、美濃国大垣藤江村に大垣藩医江馬蘭斎の長女として生まれる。名は多保、字は細香、号は湘夢。3歳の時、妹柘植が生まれるが、病気で母乃宇、兄門太郎を相次いで亡くす。翌年蘭斎が山本佐野と結婚する。幼い頃より詩画の才能に秀でる。寛政7年(1795)、蘭斎が三年間の蘭学の修行の後、江戸より帰郷し好蘭塾を開設する。寛政11年(1799)この頃(13歳)より京都の画僧玉?に師事し墨竹画を学ぶ。文化10年(1813)、頼山陽が江馬家を訪問し、細香は山陽に入門する。(この滞在中に山陽と細香の間に恋がめばえ、結婚を申し込まれたが、蘭斎が断ったと言われている。)以降上京は7回を数える。文政2年(1819)、この頃より浦上春琴に画の指導を受ける。翌年梁川星巌、村瀬藤城らと詩社白?社を結成。文政8年(1825)、『蘭化先生伝』、『冬日記』を作る。文政12年(1829)、源氏物語に親しみ源語詩を作る。天保2年、(1831)、継母佐野病没。翌年頼山陽病没、哭詩三首作る。この頃から蘭斎の看病をする。一旦は快復するが七年後92歳で病没。弘化3年(1846)、黎祁吟社を結成。嘉永元年(1848)、詩社咬菜社を結成。安政3年(1857)、70歳の賀宴で吐血し病臥する。安政5年(1858)、小原鉄心と共に幕吏に追われる三樹三郎を匿うが、三樹、紅蘭が捕らえらる。(翌年三樹は処刑される。)万延元年(1860)藩主より九曜の紋服を賜る。翌年文久元年(1861)、75歳の秋、死去。







モダンって何?