村井正誠
村井正誠

眼科医の父昌澄、母とみえの二男として大垣市に生まれる。小学校3年の時、和歌山県新宮市に転居。大正14年、文化学院が創設され第1回生として大学美術部に入学し、有島生馬、石井柏亭、山下晋太郎、正宗徳三郎などに師事する。昭和2年、第14回「二科会」に「新宮風景」を出品して初入選。昭和3年、渡欧、昭和7年帰国。帰国後約1年間、滝口修造、岡田謙三、島崎鶏二などが入居するアパート、乃木坂クラブに居住する。昭和9年、長谷川三郎、山口薫、矢橋六郎らと「新時代」を結成。昭和14年、文化学院美術科講師になる。昭和23年、日動画廊で「村井正誠・山口薫・矢橋六郎三人展」を開催。昭和24年、武蔵野美術大学油絵科講師になる。昭和25年、「モダンアート協会」を結成。昭和27年、長谷川三郎・山口薫・西田信一らと「エスプリ会」を結成。東京国立近代美術館、開館記念「近代日本美術展」に出品。昭和34年、神奈川県立近代美術館で「村井正誠・山口薫展」を開催。昭和36年、第10回「モダンアート協会展」に出品した「顔」が文部省の買上。昭和37年、第5回「現代日本美術展」に出品の石版画「うしろ姿」「人」が最優秀賞を受賞。第3回「東京国際版画ビエンナーレ展」で文部大臣賞を受賞。昭和45年、和歌山県新宮市名誉市民になる。昭和48年、神奈川県立近代美術館で「村井正誠展」を開催。平成11年、93歳で死去。日本を代表する抽象画家の一人。

モダンって何?