菅茶山 
Kancyazan

菅茶山 2
菅茶山 3
菅茶山 4
菅茶山 5菅茶山 6菅茶山 7
菅茶山 8
作家名
菅茶山かんちゃざん
作品名
詩書
作品詳細
掛け軸 絖本水墨 緞子裂 象牙軸 阿南竹陀箱
本紙寸法49.1×131.5cm
全体寸法57.9×203.5cm
註釈

阿南竹陀 文久4年(1864)〜昭和3年(1928)

豊後国直入郡竹田町(大分県竹田市)に生まれる。本姓、波多野。本名、友彦のちに衡。別号、臨泉、二雄、酔竹山人、龍洞。守山湘帆、淵野桂仙、木下逸雲に南画を学ぶ。長崎、名古屋、東京に住む。

【原文】
山堂夜静不聞風 推戸初驚雪満空
懶借悪驢行野外 旦修阮屐歩園中
参差珠閣隣村見 蜿蜒青蛇一水通
当歳吾以無此賞 可能高臥学袁公

   戊寅正月十二日写 晋師   履誤作屐
(七言律詩)

【訓読】
山堂、夜静かに風を聞かず。戸を推して初めて驚く、雪の空に満つるを。
懶うげに悪驢を借りて野外に行く。かつ阮屐を修めて園中を歩く。
参差たる珠閣、隣村に見え、蜿蜒たる青蛇、一たび水を通る。
当歳、われ以て此の賞なし。よく高臥して袁公を学ぶべし。

               戊寅正月十二日写 晋師 履を誤りて屐となす。

【訳文】
山里の拙宅の夜は静まりかえり、風の音も聞こえない。
戸を推して外に出てみると、満面の雪に初めて気が付き驚いた。
あまり気は進まないが驢馬を借りて野外を行く。
また木のくつをはいて園内を散歩する。
高さのちがう楼閣が隣の村の方に見え、
青大将がのたくって小川をわたって行く。
この歳になっては、風景をめでるという楽しみもあまりない。
家でぬくぬくと布団にまるまって袁牧先生の本でも読んだがよい。

             戊寅(文政元年)正月十二日写す 晋師(ときのり)
             履を誤って屐としてしまった。

【語釈】
○阮屐―唐代の詩人王維の詩中に「牀下阮家屐、窗前?竹杖」とあることから、木屐、すなわち木製の履き物を言う。
○参差―ふぞろいなさま。
○蜿蜒―龍や蛇がうねりゆくさま。
○袁公―清代性霊派の詩人袁牧(1716〜1797)のことであろう。随園と号す。『小倉山房集』『随園詩話』など。江寧の付近に邸宅随園を購入し、三八歳で致仕して以後官途につかず、日常生活の楽しみを詠う。女弟子を多く集めたことでも知られ、頼山陽などがその詩を愛読しているが、この幅により山陽の師である茶山(1748〜1827)が既に袁牧を愛読していたことがわかり、興味深い。

茶山、70歳、文政元年(1818)、1月12日の優品。売り立て目録(不明)に所収。