貫名海屋
Nukina Kaioku

 貫名海屋 1 貫名海屋 4
 貫名海屋 2
 貫名海屋 3
 貫名海屋 5
 貫名海屋 6
 貫名海屋 4 貫名海屋 5
作家名
貫名海屋 ぬきな かいおく
作品名
麟鳳亀龍四大字双幅
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 象牙軸 伊藤明瑞箱
  本紙寸法53.5×127
全体寸法(胴幅)66.5×217p
註釈

麟鳳亀龍…太平の世になると現れると信じられていた四種の霊と霊鳥。転じて、非常にまれで珍しいもの、聖人、賢者の喩え。麒麟、鳳凰、龍は伝説上の動物で、太平の世に出現するというめでたいもの。