冨田渓仙 
Tomita Keisen

冨田渓仙 1
冨田渓仙 2
冨田渓仙 3
冨田渓仙 4
冨田渓仙 5
冨田渓仙 6冨田渓仙 7
作家名
冨田渓仙 とみた けいせん
作品名
嵐峡雨後図(大幅)
作品詳細
掛け軸 緞子裂 象牙軸 福田平八郎箱
本紙寸法87.8×168.6cm
全体寸法116×226.5p
註釈

大画面に大胆に描かれたこの大作は、冨田渓仙の自由闊達な作風をよく現しているのでは ないでしょうか。
福田平八郎の箱書きも嬉しい。

福田平八郎
明治25年(1892)〜昭和49年(1974)
大分に生まれる。明治43年京都市立美術工芸学校を経て、大正7年京都絵画専門学校卒業。大正8年第1回帝展で初入選。大正13年帝展審査員。昭和5年山口蓬春らと六潮会結成。昭和22年日本芸術院会員。昭和36年文化勲章。徹底した写実と簡潔な構図で独自な画風を築く。