乃木希典
Nogi Maresuke

 乃木希典 1
 乃木希典 2
 乃木希典 3 乃木希典 1 乃木希典 2 乃木希典 3
 乃木希典 3 乃木希典 1 乃木希典 2 乃木希典 3
 乃木希典 3
作家名
乃木希典のぎ まれすけ
作品名
和歌
作品詳細
掛け軸 絖本水墨 緞子裂 象牙軸
藤野君山並びに一戸兵衛並びに北小路資武並びに大炊御門師前箱書き
本紙寸法42.7×125.3
全体寸法57(胴巾)×203p
註釈

藤野君山
文久3年(1863)〜明治18年(1943)

伊予の人。名、静輝。松山藩藩校明教館学寮長や江戸昌平黌舎長などを務め、宮内省式部職に勤務。退官後、大正天皇より賜った菊にちなんで賜菊園を主宰した。乃木希典と親交した。

一戸兵衛((いちのへ ひょうえ)
安政2年(1855)〜昭和6年(1931)

弘前藩士一戸範貞の長男として生まれる。陸軍大将。旅順攻略戦で勇名を馳せる。退役後、学習院院長、明治神宮宮司、帝国在郷軍人会長を務める。乃木希典の信頼厚い部下であった

北小路資武(きたおおじ すけたけ)
北小路随光子爵 の長男。柳原白蓮の夫。

大炊御門師前(おおいのみかど もろさき)
嘉永6年(1853)〜昭和元年(1926)

公家。父は右大臣大炊御門家信

心だに まことの道にかなひなば 祈らずとても 神や守らむ (菅原道真)