梁川星巌
Yanagawa Seigan

梁川星巌1
梁川星巌2
梁川星巌3
梁川星巌4
梁川星巌5
梁川星巌6
梁川星巌10
梁川星巌7梁川星巌8梁川星巌9
作家名
梁川星巌
やながわ せいがん
作品名
松下弾琴図
作品詳細
掛け軸 絹本水墨 緞子裂 象牙軸 戸田葆堂箱
本紙寸法38×30.7cm
全体寸法56×117.5cm
註釈

戸田葆堂
嘉永4年(1851)〜明治42年(1909)

大垣の人。本名、鼎耳。天野方壺の門人。雑誌社「鸚笑社」を創設。大垣藩儒野村藤蔭を社主として月刊雑誌を発行。書画鑑定家。

手彫龍門百尺桐 手づから彫る龍門百尺の桐
金徽玉軫璨玲瓏 金徽玉軫璨として玲瓏
應縁世上賞音少 應に縁るべし世上賞音の少きに
弾向空山虚壡風 弾じて向う空山虚壡の風

手づから龍門百尺の桐を彫って琴を製した。
金の琴節玉の絃を轉ずる者が璨としてすき透るようだ。
應に世上に琴音を賞する者が少いに縁るのであろう。
弾じて何もない山壡に向かって賞音を求めるのだ。

■龍門 山名、伊闕山または闕塞山。河南省洛陽県の南にある
■金徽 金の琴節
■玉軫 玉製の琴、下に絃を轉ずる者

梁川星巌、数少ない絵画作品の真筆。
コンディション、ウブなり良好。