正岡子規
Masaoka Shiki

正岡子規 4
正岡子規 3
正岡子規 1正岡子規 2
正岡子規 5
正岡子規 6
正岡子規 7
正岡子規 8
正岡子規 9
正岡子規 10
正岡子規 18
正岡子規 20
正岡子規 11正岡子規 12
正岡子規 13正岡子規 14
正岡子規 15正岡子規 16
正岡子規 17正岡子規 19
作家名
正岡子規 まさおか しき
作品名
正岡子規自筆書翰(子規全集所載)添付 子規居士十五周忌記念画帖
作品詳細
画帖 桐箱入り
正岡子規自筆書翰寸法 9.3×18.6cm
全体寸法39.8×121cm
註釈

正岡子規自筆書翰
《名物鮎の卵御贈下され難友御禮申上候》

子規居士十五周忌記念画帖は、河東碧梧桐、中村不折、内藤鳴雪、吉野左衛門、高浜虚子、下村為山の7名による直筆作品と10枚の正岡子規印刷画によるもので、大正5年から6年にかけて頒布(部数は不明)されました。この子規居士十五周忌記念画帖は、島根の日本画家、伊藤素軒の絵を台紙に、鳥取県鹿足郡日原村(日原町)の水津定吉宛の正岡子規書翰を貼り込んだもので、この書翰は、『子規全集(講談社)』第19巻(988)に所載され、「墨汁一滴」の中にも、《近日我貧厨をにきはしたる諸国の名物は何々ぞ。大阪の天王寺蕪、秋田のはたはた魚、土佐のザボン・・石見の鮎の卵・・》と記されています。また、『俳人の書画美術・子規(7)』所載の「春水満四沢句箋(同明治34年3月)」は、赤い句箋紙に書かれており、寸法もほぼ同一であり、この書翰と同種のものと思われます。尚、この子規居士十五周忌記念画帖は、水津定吉の関係者より直接当画廊が購入したものです。