C-195 正岡子規
Masaoka Shiki

 正岡子規 1
 正岡子規 2
 正岡子規 1
 正岡子規 2
 正岡子規 2 正岡子規 1
作家名
C-195 正岡子規 まさおか しき
作品名
俳句分類原稿
価格
250,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 寒川鼠骨箱
本紙寸法33.1×24.1
全体寸法43.3(胴幅)×124.5㎝
作家略歴

正岡子規
WEB書画ミュージアム 正岡子規のページへ

寒川鼠骨
明治8年(1875)~昭和29年(1954)

愛媛県松山市三番町に生まれる。本名、陽光。碧梧桐や虚子との交流から子規に師事し、「人間は最も少ない報酬で最も多く働くほどエライ人ぞな。一の報酬で十の働きをする人 は百の報酬で百の働きをする人よりエライのぞな。」と子規の勧めで日本新聞記者となる。子規没後は根岸の子規庵保存に生涯を捧げた。

寒川鼠骨
明治8年(1875)~昭和29年(1954)

愛媛県松山市三番町に生まれる。本名、陽光。碧梧桐や虚子との交流から子規に師事し、「人間は最も少ない報酬で最も多く働くほどエライ人ぞな。一の報酬で十の働きをする人 は百の報酬で百の働きをする人よりエライのぞな。」と子規の勧めで日本新聞記者となる。子規没後は根岸の子規庵保存に生涯を捧げた。

コンディション他

本紙に多少シミあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ