C-164 下田歌子
Shimoda Utako

 下田歌子 1
 下田歌子 2
 下田歌子 3
 下田歌子 4
作家名
C-164 下田歌子 しもだ うたこ
作品名
湊川懐古(自画賛)
価格
95,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 絹本淡彩 緞子裂 合箱
本紙寸法33.6×100.3
全体寸法37.2(胴幅)×184㎝
作家略歴

下田歌子
安政元年(1854)~昭和11年(1936)

岐阜県恵那市岩村町に生まれる。幼名は鉐(せき)。16歳で上京し宮中に仕える。皇后より「歌子」の名を賜る。25才で結婚のため退官後、桃夭女塾を開講。華族女学校(現・学習院女子中・高等科)開設時に中心的役割を果たす。明治26年(1893)欧米各国を視察し帰国すると、明治32年(1899)一般女子への教育を広めるため実践女学校、女子工芸学校を設立する。

コンディション他

湊川懐古
《みなと川ながめるゝ水はかるゝともその名はくちぬ武者のあと》 
下田歌子の自画賛は稀少。

本紙、僅かにヨゴレあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

このページのTOPへ