D-390 徳川義宜
Tokugawa Yoshinori

 徳川義宜 1
 徳川義宜 2
 徳川義宜 3 徳川義宜 4
作家名
D-390 徳川義宜 とくがわ よしのり
作品名
故旧不遺
価格
95,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 合箱
本紙寸法29.3×152.2
全体寸法44.2(胴幅)×189.5㎝
作家略歴

徳川義宜
安政5年(1858)~明治8年(1875)

第14代尾張藩主徳川慶勝の三男。幼名、元千代。慶勝の弟、第15代尾張藩主徳川茂徳に実子が無く、茂徳の養子となる。元治元年(1864)、茂徳が隠居し、わずか6歳で家督を継承し、第16代尾張藩主となる。わずか18歳で夭折した。官位、従三位、左近衛権中将。

コンディション他

《故旧不遺》

子曰、恭而無礼則労、慎而無礼則偲、勇而無礼則乱、直而無礼則絞、君子篤於親、則民興於仁、故旧不遺、則民不喩

(論語 第八 泰伯)

子曰(いわく)、恭にして礼なければ労す。慎んで礼なければ葸(おそ)る。勇にして礼なければ乱る。直にして礼なければ絞(せま)し。君子曰、親(しん)に篤(あつ)ければ、則ち民仁に興こる。故旧(こきゅう)遺(わすれ)ざれば、則ち民喩(うす)からず。

本紙に若干の小折れ、裂に若干の傷みあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ