後藤瑞巌 
goto (gotou) zuigan

1
1
1
作家名
後藤瑞巌 goto (gotou) zuigan
作品名
日々是好日
作品詳細
掛け軸 紙本 藤井誡堂箱
作品寸法29x101p
全体寸法36.7x176p
註釈

出典は『碧巌録』第六則、雲門文偃禅師の公案。 「十五日已(い)前は汝に問わず、十五日已後、一句を道(い)い将(も)ち来たれ、自ら代わって云く 日々是好日」

一般によく知られて禅語です。雲門禅師が、弟子たちに「十五日以前のことは問わない、これからの十五日以後の心境を一言で言え」と問い、弟子たちが返答に困ると、雲門禅師は自ら、「日々是好日」と言った。

過日、車の中でラジオに耳を傾けていると、6歳で脳腫瘍になり、途中失明して亡くなった子供の母親の手紙を紹介していました。その子供も、お母さんも、どれほど辛く、苦しく、悲しかっただろうかと思います。子供を失ったお母さんが、月日が経って、その悲しみが少しは癒えて、わが子の短い人生の日々であっても、その子にはその子の春があり、夏があり、秋があり、冬があったのだと思えるとしたなら、それをあっけらかんと「日々是好日」などというつもりはありませんが、そうやって人は前を向いて生きていくしかないと思うのです。