短冊の小径

001 武者小路実蔭

嶋郭公

お買い上げいただきました

住吉のおきにきこゆるほととぎす

なきてむかいの島伝ふらし

武者小路実陰 むしゃのこうじ さねかげ

1661(寛文元年)~1738(元文3)年

京都に生まれる。江戸時代前期から中期にかけての公卿、歌人。父は西郊実信。武者小路公種の養嗣となる。号は超嶽院。子は武者小路公野と高松重季。霊元上皇の高い評価を得る。家集『芳雲集』,歌論『初学考鑑』,門人似雲の聞書『詞林拾葉』など。

コンディションなど

紙本
良好

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊