短冊の小径

017 吉田哩

木枯

8000円

立ちならぶ並木のなかの松杉に

おとすさましく木枯のふく

吉田哩 よしだ しづか

1801(寛政13)年~1878(明治11)年

勤王家。雲華院官の家士。字、重義、玄蕃、木二。少壮大志あり、重徳、公知、宜嘉などの邸に出入りして大義を謀る諸藩志士の内意を承け、久迩官、三条実萬その他間の斡旋大いに勤む。固くを失い相楽郡に仮住し、郷士百余名を募り、南山士と称す。具視に頼り御所警衛にあたる。

コンディションなど

紙本
全体に僅かにヤケ

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊