短冊の小径

020 津崎矩子

窓わかき~

お買い上げ頂きました

窓わかき竹のはやしを朝夕に

こころをみがく種とこそみれ

津崎矩子 つさき のりこ

1786年(天明6)~1873年(明治6)

幕末の近衛家の老女、勤王家。女中名は最初田鶴、須賀野、後に村岡局と称した。父は大覚寺門跡家臣津崎左京、兄は大覚寺門跡諸大夫の津崎元矩。

コンディションなど

紙本

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

長良川画廊 トップページ 長良川画廊