短冊の小径

022 吉野左衛門

峽中の~

5000円

峽中の水車灯るや鳴千鳥

吉野左衛門 よしの さえもん

1879年(明治12)~1920年(大正 9)

俳人。本名は太左衛門、初号は太朗。東京多摩生まれ。東京専門学校卒業。国民新聞社、京城日報社々長。子規門に入門。国民新聞俳壇の選者。虚子・百穂・石鼎・青峰らと共にホトトギスを支える。句文集に「栗の花」「左衛門句集」。

コンディションなど

紙本
良好

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊