短冊の小径

045 阪正臣

摘草

5000円

摘草

はるの草つむそ女子か姿をは

遠方人は花と見るらむ

阪正臣 ばん まさおみ

1799年(寛政11)~ 1873年(明治6)

江戸末期の歌人。幼名彦太郎。通称、喜左衛門。号桃岡。鹿児島生まれ。上京後、香川景樹を訪ね入門。桂門十哲の1人。維新後に歌道御用掛などを勤める。家集に「しのぶ草」、歌論に「しらべの直路」。

コンディションなど

紙本 美品

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊