短冊の小径

047 杉孫七郎

深夜蛙

お買い上げ頂きました

深夜蛙

柴の戸をたたく嵐の音たえて

おぼろの月に蛙なくなり

杉孫七郎 すぎ まごひちろう

1835年(天保6)~1920年(大正)

山口生まれ。長州藩士。明治・大正期の官僚。子爵。 字は子華。名は重華。号は松城、聴雨、呑鵬、古鐘庵など。通称は徳輔、忠次郎、少輔九郎。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊