短冊の小径

051 菊池幽芳

道の辺の~

8000円

道の辺の賊かかきつに菊鉢の

春きて見ゆれば立ちどまりけり

菊池幽芳 きくち ゆうほう

1870(明治3)~1947(昭和22)

茨城生まれ。小説家。本名は清。戸沢正保(まさやす)の兄。高等小学校の代用教員を経、大阪毎日新聞社記者。大阪毎日新聞紙上に「己が罪」、「乳姉妹」などを連載すると、「家庭小説」と呼ばれ人気を博した。大正13年同社取締役。

コンディションなど

紙本 良好

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊