短冊の小径

大島蓼太

はつ春や~

お買い上げいただきました

はつ春や人に冠はなに鳥

大島蓼太 おおしま りょうた

1718年(享保3)~1787年(天明7)

江戸中期の俳人。長野生まれ。本名は吉川陽喬。通称は平助、平八。別号は雪中庵、老鶯巣、空摩など。服部嵐雪門である雪中庵二世吏登(桜井吏登)に師事し、のち三世となる。其角系の江戸座に対抗し、一大勢力を築く。著に「雪おろし」「芭蕉句解」「蓼太句集」など。

コンディションなど

紙本 小キズ 折れ有り

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊