短冊の小径

056 大伴大江丸

鶴ぬすむ~

20000円

鶴ぬすむ人おとろしき頭巾かな

大伴大江丸 おおとものおおえまる

1722年(享保7 )~1805年(文化2)

江戸中期の俳人。大阪生まれ。姓は安井。名は政胤。幼名は利助。隠居後は宗二。通称は善兵衛。号は芥室・旧国・旧州など。晩年に大伴大江丸と号する。飛脚問屋を営む。大島蓼太門に師事し、与謝蕪村らと交わり,蕉風復興運動に寄与した。句集に「俳懺悔」「秋存分」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊